トップ >  センターについて >  センター概要 >  管理運営 > 業務・システム最適化計画

業務・システム最適化計画

各府省庁情報化統括責任者(CIO)連絡会議は、「独立行政法人等の業務・システム最適化実現方策」において、独立行政法人等における主要な業務・システム(年間のシステム運用に係る経常的な経費が1億円以上)について、平成19年度末までに、業務運営の効率化・合理化に係る効果・目標を数値により明らかにした最適化計画を策定し公表することを中期目標に盛り込むよう定めました。

当センターの大学入試センター試験情報システムは、年間経常経費1億円を超えるシステムであることから、大学入試センター第二期中期計画(平成18年度~平成22年度)において、平成19年度末までに業務・システム最適化計画を策定し公表することとしました。

今般、先に策定した「大学入試センター試験業務の業務・システム見直し方針」を踏まえ、最適化計画を策定いたしました。

今後は、当該最適化計画を実施し、業務・システムの効率化、合理化に取り組むこととしております。また、最適化実施後においても継続的に業務・システムの最適化に取り組むこととしております。

最適化計画の詳細につきましては、以下をご覧ください。

大学入試センター試験業務の業務・システム見直し方針(120KB)
大学入試センター試験業務の業務・システム最適化計画概要(67KB)
大学入試センター試験業務の業務・システム最適化計画(0.99MB)

top_btn