トップ >  法人情報 >  大学入学共通テスト(仮称) > 検討・準備体制について

検討・準備体制について

新テスト実施企画部の整備について

 文部科学省に設置した高大接続システム改革会議「最終報告」(平成28年3月31日)において、大学入学希望者学力評価テスト(仮称)に記述式の問題を導入する旨の提言がありました。また、このテストの実施主体については、大学入試センターを抜本的に改組した新たなセンターにおいて実施することが適当であるとされています。
 これらを踏まえ、大学入試センターでは、新テストの円滑かつ確実な実施に向けて、従前より様々な観点から具体的な検討準備を進めており、平成29年4月には、組織体制の抜本的な強化を図ることとし、「新テスト実施企画部」を整備いたしました。
 今後も新テストに関する検証やプレテストの実施を通じ、平成32年度における円滑な導入に向けて、鋭意取り組んで参ります。

大学入試センターにおける新テスト(「大学入学共通テスト(仮称)」)の検討・準備体制について(168KB)

top_btn