トップ >  法人情報 > 理事長挨拶

理事長挨拶

大学入試センター理事長

大学入試センター理事長
山本 廣基
大学入試センターは、「大学入試センター試験に関する業務等を行うことにより、大学入学者の選抜の改善を図り、もって大学及び高等学校等における教育の振興に資する」ことを目的としています。

大学入試センター試験は、大学に入学を志願する者に対し大学が共同して同一の期日に同一の試験問題により実施する試験です。この試験では、大学入学志願者の高等学校段階における基礎的な学習の達成度を判定することを主な目的としています。一方、各大学の入学者選抜においては、大学入試センター試験の成績に加え、それぞれの入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)に照らして個別選抜試験を行うなど、各大学の判断と創意工夫に基づいて志願者の能力、適性等を多面的に判断しています。 

現在、高大接続システム改革の大きな柱の一つとして大学入試改革が取り上げられ、大学入学希望者学力評価テスト(仮称)「新テスト」の導入が提案されています。これまでも、大学入試センターでは入学者選抜に関する調査及び研究の中核拠点としての役割を果たすために、入学者選抜方法の改善に資する調査・研究を進めてきており、それらの成果や課題を整理しつつ、新テストの円滑な導入・実施に貢献したいと考えています。また、全国大学入学者選抜研究連絡協議会を引き続き主催するなど、大学との共同研究もより積極的に進め、入学者選抜方法の改善に向けた取り組みを強化します。

大学入試センターは、大学と高等学校等における教育の振興に資するために、関連機関等と広く意見交換し、常に現状を正しく分析し、評価し、積極的に改善する努力を続けることとしています。今後ともより良い試験の実施を目指してまいる所存ですので、皆様の一層のご理解とご協力をお願いします。

平成28年6月

top_btn