トップページ > 大学入学共通テストの導入に向けた試行調査(英語)を開始しました

NEWS

2018.02.13 新テスト

大学入学共通テストの導入に向けた試行調査(英語)を開始しました

 大学入試センターでは、「大学入学共通テスト」の導入に向けた試行調査(プレテスト)(外国語科「英語」)を2月13日より開始しました。
 
 本試行調査は、「大学入学共通テスト実施方針」(平成29年7月13日文部科学省公表)を踏まえ、大学入学共通テストの趣旨を踏まえた問題の構成・内容の工夫・改善等について試行し検証を行うため、昨年11月の国語科、地理歴史科、公民科、数学科及び理科の実施に続き、外国語科(英語)に関して、全国158校の高等学校及び中等教育学校において2月13日~3月3日の日程で実施するものです。
 
 「大学入学共通テスト実施方針」では、大学入学者選抜制度の大幅な変更による受検者・高校・大学への影響を考慮し、資格・検定試験の実施・活用状況等を検証しつつ、2023年度まではセンターが作問する外国語科「英語」の試験を実施し、各大学の判断でこのセンターが作問する試験と「大学入試英語成績提供システム」に参加する資格・検定試験のいずれか又は双方を選択利用することを可能とするとされており、その際、センターが作問する試験の出題内容や配点等のバランスについても必要な検討を行うと示されたところです。
 
 こうした方針を踏まえ、本試行調査では、英語で求められる「読むこと」「聞くこと」の能力をバランスよく把握するため、筆記(リーディング)については、必要な情報を整理したりする力や談話構成を理解する力、要約する力等を、リスニングについては、複数の情報を聞いて判断したり、議論を聞いて内容を把握したりする力等を評価することをねらいとした作問を工夫し、問題の構成や数、内容、音声回数等について検証を行うこととしています。

IMG_4850

 試行調査(英語)の様子

前のページに戻る

top_btn