トップ >  研究開発活動 >  研究開発部 > 研究開発部について

研究開発部

研究開発部について

大学入試センター研究開発部は、大学入試センター試験の改善及び個別大学における入学者選抜方法の改善を目的とする多くの研究を行っています。大学入試センター試験はこれまで20年以上にわたって実施されてきましたが、その間、様々な改善が加えられてきました。

研究開発部は、問題作成の方法、試験問題の分析・評価及びそれらのデータベース化などについて研究を行い、大学入試センター試験の実施・改善に貢献しています。また、大学入試センター試験は、高等学校段階における基礎的な学習の達成の程度を判定することを主たる目的としていますが、個別大学における入学者選抜の有効な資料となることも求められています。

このことから、研究開発部は、教科・科目によらない新しい試験の開発、試験得点の調整方法、テスト理論に基づく試験、高大接続に関わる調査など、入学者選抜方法の改善に必要とされる重要な開発研究を集中的に行っています。大学全入時代と呼ばれる今日、これらの研究がより適切な入学者選抜方法の確立に寄与することが期待されています。

研究部門・研究分野・研究課題

研究開発部は、試験基盤設計研究部門と試験評価解析研究部門の2部門からなり、その研究活動は研究開発部長および各部門におかれた部門主任2名により統括されています。
研究部門研究分野平成27年度の主な研究課題
試験基盤設計研究部門
教 授 山村  滋  2)教育行政●新しい高大接続システムに関する調査研究
●新しい試験の開発に関する調査研究
●モニター調査を活用したセンター試験の調査研究
●障害のある者に配慮した入学者選抜に関する調査研究
教 授 椎名久美子認知科学
准教授 伊藤  圭教育工学
准教授 櫻井 裕仁統計学
准教授 濱中 淳子教育社会
准教授 南谷 和範視覚障害研究
助 教 荒井 清佳計量心理
助 教 立脇 洋介社会心理
試験評価解析研究部門
教 授 大津 起夫 1)計量心理●試験に関わる情報技術の開発と活用に関する研究
●得点調整に関わるテスト標準化研究
●統計理論と情報技術を用いたCBTの実証的研究
●モニター調査を活用したセンター試験の調査研究
教 授 石岡 恒憲 2)情報科学
准教授 内田 照久教育心理
准教授 荘島宏二郎教育心理
助 教 橋本 貴充教育心理
助 教 大久保智哉統計科学
1) 部長 2)部門主任                              (平成27年7月現在)

研究の形態

研究開発部の教員が行う研究は、中期計画にしたがって行われていますが、研究経費の種類により、特別研究、理事長裁量経費による研究、科学研究費補助金などの外部資金による研究等に分けられます。

特別研究は、比較的大規模な研究であり、大学等の研究機関/研究者と連携して行われています。平成27年度の特別研究には、次の研究課題があります。
1.新しい高大接続システムに関する調査研究
2.新しい試験の開発に関する調査研究
3.試験に関わる情報技術の開発と活用に関する研究
4.得点調整に関わるテスト標準化研究
5.統計理論と情報技術を用いたCBTの実証的研究
これらの特別研究課題と同様に、その他の研究経費による研究についても中期計画にしたがって具体的な課題が設定されており、研究開発部外の研究者と必要に応じて連携しながら行われています。
平成27年度は、国の大学改革推進等補助金による「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)実施のためのフィージビリティ検証事業」の調査研究を行っています。

top_btn