トップ >  センターについて > 理事長挨拶

理事長挨拶

大学入試センター理事長_H29

大学入試センター理事長
山本 廣基
 大学入試センター試験は、大学に入学を志願する者に対し、大学が共同して同一の期日に同一の試験問題により実施する試験です。
 平成2年1月から開始した試験も本年1月に実施した31回目の試験で最後となりました。50万人を超える受験者を対象とした同一日程で実施する大規模試験が定着し、安定的に運営できましたのも関係の皆様のご尽力によるものであり、心より感謝申し上げます。
 
 令和3年度入学者選抜から、大学入試センター試験の蓄積を基盤として思考力・判断力・表現力をより重視した新たな試験として大学入学共通テストを実施する予定です。
 令和元年11月1日に民間の英語資格・検定試験の活用の延期が、12月17日に大学入学共通テストの国語・数学における記述式問題導入の見送りが、それぞれ文部科学大臣から発表されました。このことを受け、大学入試センターとしても文部科学省において見直された「令和3年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テスト実施大綱」に基づき、「出題教科・科目の出題方法等」を見直し、本年1月29日に公表しました。
 試験の実施に関する方針を実施1年前に変更することとなり、受験者・関係の皆様にご迷惑をおかけし、試験実施機関としても大変申し訳なく思います。
 
 大学入試センターとしては、令和3年1月の第1回大学入学共通テストの実施に向け、各教科・科目の問題を通じて、受験者の資質・能力をバランスよく評価し、高等学校教育の授業改善にもよい影響を与えることができるようなメッセージ性のある良問を作成するとともに、実施へ向けた準備に万全を期して取り組んで参ります。
 
 
                                                             令和2年1月

top_btn