トップ >  大学入学共通テスト >  試験情報 >  令和7年度以降の試験に向けた検討について > 令和7年度以降の試験に向けた検討について

令和7年度以降の試験に向けた検討について

 令和4年度に高等学校に入学した者から,平成30年3月に告示された新しい学習指導要領より学ぶことになります。
 このことに対応し,大学入学共通テストも,令和7年度試験以降,新しい学習指導要領に対応した試験となります。
 本ページでは,令和7年度試験以降の大学入学共通テストにおける検討状況等についてお知らせします。

令和7年度大学入学者選抜に係る大学入学共通テストに関する検討状況について(令和4年11月9日更新)

平成30年告示高等学校学習指導要領に対応した令和7年度大学入学共通テストからの出題教科・科目について(令和3年3月24日)

得点調整の実施条件・方法の改善に関する意見募集について(令和4年11月16日)

 「大学入学共通テスト得点調整の実施条件・方法の改善についての提言(得点調整検討部会審議のまとめ)」のとおり,主にテストや統計の専門家が委員の得点調整検討部会より大学入試センターに得点調整の実施条件・方法の改善に関する提言がなされ,専門家だけではなく広く意見を聴くべきとされました。
 ついては,意見募集を行い、御意見を踏まえて,今後の得点調整の在り方を検討していきたいと考えています。
 【意見募集期間】令和4年11月16日(水)~ 令和5年2月7日(火)

 ※意見募集の詳細は,こちらのページをご覧ください。

top_btn