トップページ > 大学入試センター・シンポジウム2019を開催しました。

NEWS

2019.09.25 調査室

大学入試センター・シンポジウム2019を開催しました。

 大学入試センターは,9月19日(木)に一橋大学一橋講堂(東京都千代田区)において,「大学入試センター・シンポジウム2019」を開催しました。
 今年のテーマは「高大接続における特別選抜の意義と課題-広義の育成型入試に焦点を当てて-」です。近年,大学入学者選抜において多面的・総合的評価をどのように行うかが課題となる中,広い意味で「育成型」と呼ばれる入試形態に焦点を当て,育成型入試を行ってきた大学の事例に学び,今後の高大接続のあるべき姿を追求していくこととしました。
 全国の国公私立大学や高等学校の関係者等,約200名の方が御参加くださいました。
 当日のプログラムは,桜井裕仁研究開発部教授の総合司会により進行し,①川嶋太津夫大阪大学高等教育・入試研究開発センター長から「大学のミッションとアドミッション~入学者選抜と大学教育の在り方を考える~」と題して御講演いただいた後,②渡邉正人聖学院大学基礎総合教育部長から「可能性を支える教育を目指して」,③志村知美追手門学院大学教務部アサーティブ課長から「教育改革につなげる入試改革と高大接続~アサーティブプログラム・アサーティブ入試~」,④美濃地裕子島根大学教育・学生支援機構大学教育センター准教授から「地域貢献人材育成入試の可能性~出願前・入試・入学後の状況から~」と題してそれぞれ御報告いただき,それを受けて⑤石崎規生東京都立世田谷泉高等学校統括校長による指定討論,⑥山地弘起試験・研究副統括官及び桜井裕仁研究開発部教授の司会による全体討論で,会場の参加者からの御質問も含め,活発な議論が行われました。
 各登壇者,参加者の皆様に心より御礼申し上げます。
 なお,シンポジウムの配付資料は次のとおりです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
 ・基調講演/川嶋太津夫(大阪大学高等教育・入試研究開発センター長)
      「大学のミッションとアドミッション~入学者選抜と大学教育の在り方を考える~」(3.18MB)
 ・報告1/渡邉正人(聖学院大学基礎総合教育部長)
      「可能性を支える教育を目指して」(573KB)
 ・報告2/志村知美(追手門学院大学教務部アサーティブ課長)
      「教育改革につなげる入試改革と高大接続~アサーティブプログラム・アサーティブ入試~」(2.60MB)
 ・報告3/美濃地裕子(島根大学教育・学生支援機構大学教育センター准教授)
      「地域貢献人材育成入試の可能性~出願前・入試・入学後の状況から~」(1.64MB)      
----------------------------------------------------------------------------------------------------

①山本廣基大学入試センター理事長による開会挨拶

山本廣基大学入試センター理事長による開会挨拶

②川嶋太津夫先生

川嶋太津夫大阪大学高等教育・入試研究開発センター長による【基調講演】
「大学のミッションとアドミッション~入学者選抜と大学教育の在り方を考える~」

③渡邉正人先生

渡邉正人聖学院大学基礎総合教育部長による【報告1】
「可能性を支える教育を目指して」

④志村知美課長

志村知美追手門学院大学教務部アサーティブ課長による【報告2】
「教育改革につなげる入試改革と高大接続~アサーティブプログラム・アサーティブ入試~」

⑤美濃地裕子先生

美濃地裕子島根大学教育・学生支援機構大学教育センター准教授による【報告3】
「地域貢献人材育成入試の可能性~出願前・入試・入学後の状況から~」

⑥石崎規生先生

石崎規生東京都立世田谷泉高等学校統括校長による【指定討論】

⑦全体討論の様子

(全体討論の様子)

⑧熱心に聞き入る参加者

(熱心に聞き入る参加者)

前のページに戻る

top_btn