トップページ > 石岡恒憲 教授(研究開発部)が「SMASH22 WINTER SYMPOSIUM 準優秀賞」を受賞しました。

NEWS

2022.04.28 研究開発部

石岡恒憲 教授(研究開発部)が「SMASH22 WINTER SYMPOSIUM 準優秀賞」を受賞しました。

日本ソフトウェア科学会MACC研究会「SMASH22 WINTER SYMPOSIUM」(2022年2月21日(月)・金沢市及びオンラインによるハイブリッド開催)において、石岡恒憲 教授(研究開発部)が、「準優秀賞」を受賞しました。発表タイトルは次の通りです。
 
「Automatic Short Answer Grading with Rubric-based Semantic Embedding Optimization」Wang Bo, Ishioka Tsunenori, Mine Tsunenori
 
 受賞の詳細はこちら(日本ソフトウェア科学会のwebページにリンクします)

前のページに戻る

top_btn