トップページ > 国際シンポジウムを開催しました。 2011国際シンポジウムのスライド資料公開 「教育テストの可能性 -21世紀型能力の育成と高大接続-」

NEWS

2011.11.18 入学者選抜

国際シンポジウムを開催しました。 2011国際シンポジウムのスライド資料公開 「教育テストの可能性 -21世紀型能力の育成と高大接続-」

2011国際シンポジウム
教育テストの可能性 ―21世紀型能力の育成と高大接続―  

■日時:2011年11月18日(金) 13:00-17:30
■会場: 有楽町朝日ホール 東京都千代田区有楽町 2-5-1 有楽町マリオン11F
■概要: 日本では、学力試験が長く大学入学者選抜の中心であったために、否応なく受験準備が学校教育の目的となってきました。そのため、今日のように受験競争が緩和されてくると、生徒の学習意欲も低下するという現象が引き起こされてきます。かつての受験中心の教育や学習を脱して、学習者の意欲を高め、教育の質を向上させる新しい教育ツールとしての試験を考えてみたいと思います。韓国、米国ACT、UCLAなど国際的かつ異色のパネリストを迎え、21世紀の高校と大学の接続を「教育テスト」の観点から論じます。


■プログラム
13:00 開会挨拶    吉本 高志 大学入試センター理事長
13:10 第1部  基調講演

13:10
“New Approaches to University Entrance Examinations in Korea-NEAT and CSAT (College Scholastic Ability Test)”
韓国における大学入試(CSAT大学修学能力試験)の現状と英語能力試験改革の動向

報告:Kyung-Ae Jin
KICE韓国教育課程評価院、NEAT(National English Ability Test)部長
資料(14MB)

13:50
“New Approaches to Educational Testing and ACT”
ACT(American College Testing)の現状と教育テスト開発の新たな展開

報告:Debora Harris
ACT、Measurement and Reporting Service部長
●資料

14:40
“New Approaches to Measuring 21st Learning”
21世紀能力の育成とその成果を測定する新たな方法の展望

報告:Eva L. Baker
UCLA=CRESST所長/WERA(the World Education Research Association)会長、前AERA会長、米国科学アカデミー会員
●資料

15:20
「我が国の初等中等教育政策と大学入試」
報告:銭谷 眞美
東京国立博物館館長、元文部科学省事務次官
資料(168KB)

16:15 第2部  指定討論/総括

16:15  Joan Herman
UCLA=CRESST副所長
●資料

16:40  荒井 克弘
大学入試センター・入学者選抜研究機構長
●資料

17:05 
総括:Eva L. Baker
UCLA=CRESST所長/WERA(the World Education Research Association)会長、前AERA会長、米国科学アカデミー会員
資料(89KB)

17:25 閉会挨拶    惣脇 宏 大学入試センター理事     

こちらから(4.90MB)PDF形式のプログラムをダウンロードできます。

■お問合せ
TEL: 03-5478-1322  E-mail: kikou-seminar@rd.dnc.ac.jp

前のページに戻る