トップページ > 研究開発部の活性化に向けた検討委員会を開催しました

NEWS

2016.08.30 INFO

研究開発部の活性化に向けた検討委員会を開催しました

 大学入試センターは,8月10日に「大学入試センター研究開発部の活性化に向けた検討委員会」(座長:大塚試験・研究統括官)を開催しました。同委員会は,高大接続システム改革「最終報告」において,大学入試センターを抜本的に改組した新たなセンターが個別大学の入学者選抜やアドミッションオフィス強化等の方法開発など,新たな研究機能の強化を求められていることを踏まえ,同センターにおける研究開発部の研究活動の一層の活性化を図るために,山本理事長の主導のもとに設置されたものです。
 会議では,研究開発部の現況について説明が行われ,研究開発部が抱える課題や今後の検討の方向性等についての審議が行われ,岡本和夫大学改革支援・学位授与機構理事,池田輝司日本国際教育支援協会専務理事,荒井克弘大学入試センター名誉教授の3名の有識者を中心に活発な意見交換が行われました。委員会は,今後7回程度開催され,年度末を目途に審議の取りまとめを行う予定です。

20160810研究開発部検討委員会

活発な意見交換が行われました。

前のページに戻る