トップページ > 大学入試センター・アドミッションリーダー研修を開催しました。

NEWS

2019.04.26 調査室

大学入試センター・アドミッションリーダー研修を開催しました。

 大学入試センターでは,平成31年4月19日(金)・20日(土),大学入試センターにおいて,「大学入試センター・アドミッションリーダー研修―入試問題の作成と評価―」を開催しました。
 高大接続改革が進展する今日,各大学での入試関連業務がより複雑化しつつあるなかで,適切な入試問題を作成していくことは,これまで以上に難しい課題となっています。この研修は大学入試センターが長年にわたり大規模共通試験を作成・実施してきた経験を踏まえ,妥当性・信頼性の高い問題の作成のノウハウを広く共有することをねらいとするものです。
 1日目のプログラムでは,山本以和子京都工芸繊維大学准教授による講演「高大接続と入試設計」ののち,大塚雄作大学入試センター客員教授,椎名久美子大学入試センター教授,による講義「テストスタンダードと作題ガイドライン」,荒井克弘大学入試センター客員教授を指定討論者とする討論が行われました。
 2日目のプログラムでは,荒井清佳大学入試センター准教授,石岡恒憲大学入試センター教授による「項目分析(基礎編)」,前川眞一大学入試センター特任教授,大津起夫大学入試センター試験・研究統括官による「項目分析(発展編)」についての講義やグループに分かれての演習が行われました。
 44名の参加者の大半から有益であったとの感想をいただいており,大学入試センターでは,今後も引き続き同研修を開催することを検討したいと考えています。

山本以和子准教授による講義「高大接続と入試設計」.

(山本以和子准教授による講義「高大接続と入試設計」)

前川眞一特任教授による講義「項目分析(発展編)」

(前川眞一特任教授による講義「項目分析(発展編)」)

グループ別演習の様子

(グループ別演習の様子)

討論・まとめの様子

(討論・まとめの様子)

前のページに戻る