トップページ > 大学入試センター・アドミッションリーダー研修を開催しました。

NEWS

2019.07.24 調査室

大学入試センター・アドミッションリーダー研修を開催しました。

 大学入試センターでは,令和元年7月20日(土),大学入試センターにおいて,「大学入試センター・アドミッションリーダー研修 入試問題の作成・分析とCBT入門」を開催しました。
 高大接続改革が進展する今日,各大学での入試関連業務がより複雑化しつつあるなかで,適切な入試問題を作成していくことは,これまで以上に難しい課題となっています。この研修は大学入試センターが長年にわたり大規模共通試験を作成・実施してきた経験を踏まえ,妥当性・信頼性の高い問題の作成のノウハウを広く共有することをねらいとするものです。 当日のプログラムは,テスト設計の基本として,椎名久美子教授及び伊藤圭准教授から「テストの基本設計と評価の観点」,テスト結果の分析に関して,荒井清佳准教授及び橋本貴充准教授から「テスト項目の分析」,CBTに基づく学力測定の基礎として,宮澤芳光助教及び石岡恒憲教授から「Computer Based Testing (CBT) 入門」といった形で講義やグループに分かれての演習が行われ,最後に,宮本友弘東北大学准教授を指定討論者として「討論とまとめ」が行われました。
 32名の参加者の大半から有益であったとの感想をいただいており,大学入試センターでは,今後も引き続き同研修を開催することを検討したいと考えています。

椎名久美子教授による講義「テストの基本設計と評価の観点」

(椎名久美子教授による講義「テストの基本設計と評価の観点」)

(グループ別演習の様子)

(グループ別演習の様子)

(宮本友弘准教授による指定討論の様子)

(宮本友弘准教授による指定討論の様子)

(討論とまとめの様子)

(討論とまとめの様子)

前のページに戻る